22389669_m.jpg

色彩 -SHIKISAI- 雨樋工事

雨樋の修理を怠ると非常に危険です。 なぜなら、ある日突然、その雨樋が外れて落ちてきたらどうなりますか? 強風の日などに、ご家族や、通行人がいるところに落ちてきたら・・・危険ですよね。 また、雨水をしっかり排水しないと、建物の基礎部分やベランダなどの劣化を早める原因にもなります。

SHIKISAI-21.jpg

例えばこんなケース

  •  雨樋を固定しているねじや金具が一部外れているだけ

  •  雨樋がゴミなどで詰まっているだけ

このような症状であれば、割合簡単に修理ができます。 もちろんご自身でもできますが、はしごを用意したり、工具、金具を用意したりされる場合は、業者に依頼したほうが、危険も無く、早く、きれいに終わります。

例えばこんなケース

  • 金具が何か所もはずれて落ちそう

  •  雨樋の隙間から水が漏れる

  •  雨樋が割れている

上記のような症状の場合は、部分補修で治る場合もありますし、全交換したほうが良い場合もあります。 雨樋を新設するときは、雨水を流すほうに傾斜をつける必要があるため。ご自身でやるのはかなりの技術を要します。 また、金具取付部分が劣化していれば、取り付けか所の見極めも必要になります。

SHIKISAI-81.jpg